-4

カラオケがけっこう好きだ。
昔は臆面もなく女性アーティストの曲を歌っていたんだけど、いつの日からか、それが「恥ずかしい」と感じるようになって、男性アーティストの曲しか歌わなくなってしまった。
確かにそれで楽しいし気持ちいいんだけれど、あるとき(8年ぐらい前?)から、ずぅ───っと考えていた。

…どうにかして、女性アーティストの曲をうまいこと違和感なく歌えんもんだろうか?

答えはわかっていた。
単純に、男の地声にフィットするようにキーを変えればいいのだ。

が、しかし。
世の中には、キーを変えやすい曲と、変えたらわけがわからなくなる曲の2通りがある。
往々にして、歌いたい曲というのは後者なわけで。
自分はそこまで音感がよくないので、曲の全部のキーを思った通りに変えることはできなかった。
カラオケに行って、違うキーにして曲のバックだけ録音でもしてくりゃいいんだが、でもそれはやっぱりめんどくさくて実行しなかった。所詮キーが変わるのはバックだけで、いちばん知りたい主旋律が細かいところまでわからず、結局意味がないからだ。

んで、昨日、よ───やく気がついた。

なんだ、CDから曲取り込んで、そいつのキーを変えりゃいいのか!

…気づくの遅すぎだよ、自分…

でも、そんなことできる都合のいいソフトなんてあるんかな?と思ったら、あった。
Google先生で探してみたら、Audacityというフリーソフトが見つかったので、試してみることに。

なみなみ

早速、立ち上げて女性アーティストのCDから取り込んだ曲に『ピッチの変更』を実行したら、いとも簡単にキーチェンジができてしまった。

あらま。
びっくり。
この悩んだ8年間はいったいどこへ?

そしていろいろ試した結果、原キーから「-4」、つまりまるまる2音下げると男声でものすごくちょうどいい音域で歌えることが判明!
あとは、キー変更後のファイルを保存して聴きまくって、カラオケの本番に備えるだけ。

これで、一人称が「僕」の女性アーティストの曲も持ち歌にできるかなぁ、と少々期待している。

さ、コソ練コソ練。

| | Comments (2) | TrackBack (0)