« 打つわきゃない | Main | これじゃあ彼は来ないよ »

せっかちバロメーター

keitai

引き続き、携帯ネタ。

携帯でメールを打ち終わったりiモードサイトを見終えたりしたとき、大半の人は電源ボタンを押して待受画面に戻るんじゃないだろうか。

で、今回は、そいつを『連打する回数』に着目してみたいと思うわけだ。

昨日、バンドの練習のためにスタジオに予約を入れた時間に大幅に遅れた僕は、スタジオへ向かうために大慌てで電車に飛び乗った。
その電車の中で暇つぶしにiモードサイトを見ていたわけだが、どうにも「時間に遅れている」という気持ちのせいか、なんだか軽く焦っていたようである。iモードサイトを見ているようで、なんだかどこか落ち着かない。ブックマークの中のひとつのサイトをちらっと見ては電源ボタンを押して待受画面に戻り、またブックマークの中の別のサイトを見ては同じことを繰り返していた。

そのとき、気がついてしまったのだ。
待受画面に戻るために電源ボタンを押すとき、その焦りを携帯にぶつけるかの如く、電源ボタンをぷちぷちぷちぷち連打している自分に。

普段は、携帯の待受画面に戻る処理がちょっともたれるときにぷちぷちっと押してしまうので、だいたい2~3回といったところだろうか。1回で済むというときはあまりない。
ところが、イライラしているときは明らかに押す回数が増えるようなのだ。
そして、決まって明らかに連打しすぎる傾向があるらしい。
ひどいときは、待受画面に戻ってから1秒以上は連打しているようだ。回数にして平均約9~10回といったところか。

どうやら、これは僕だけではないようである。
よくよく考えてみると、街中で見かけた見知らぬ人が携帯をいじっていて、かつ電源ボタンを連打しているのを何回か見かけたことが何回かあったのを思い出した。確かそのときは、「あぁ、この人今イライラしてるんだ」と思った記憶が残っている。
もしかしたら、平均どれぐらい電源ボタンを連打するかで、その人のせっかち度がわかってしまうかもしれないんじゃないかという気さえするぐらいだ。

しかし、何故連打するのは『電源ボタン』でなければならないのか。

僕は、そこに一種の"安心感"があると考えている。
電源ボタンを押すと、携帯は「待受画面を表示する」という"初期状態"に戻るわけだが、それは「これ以上電源ボタンを押し続けても携帯がヘンになったりしないよ」ということの裏返しになるわけである。
『#』や『1』、カメラやメールのマークがついたボタンを押した場合はそういうわけにはいかない。が、電源ボタンを何回押しても待ち受け画面のままなんだから、どうぞご存分に連打してくださいというわけである。
つまり、『電源ボタン』というヤツは、携帯についているボタンの中で最も「イライラのはけ口に使うのにうってつけなボタン」なのだ。

まぁとにかく、電源ボタンを連打することが増えているのに気づいたら、ちょっと深呼吸でもして落ち着いてみようかなぁなんて思う次第である。

|

« 打つわきゃない | Main | これじゃあ彼は来ないよ »

Comments

相変わらず着目点が斬新!

ケータイ携わったことある側から言うと
・・・連打は止めてぇ~(>_<) かな
まぁ書いてある通り『電源ボタン』は
待受に戻るだけだから問題はないんだけどね

まぁこれからは、たいさんが電源ボタン連打してたら気をつけると言うことでw

Posted by: いとしゅん | October 10, 2005 at 02:36 PM

あ---、分かる!!
あたしも焦ってる時とかは、結構連打してるもん(笑)
みんなヤルことは一緒なのねぇ・・・。
今度から、たぃ兄が連打してたら、怒らせないように気をつけます(笑)

Posted by: えみ | October 10, 2005 at 07:17 PM

>いとしゅん氏
でも規定回数連打の試験とかやったりするんじゃ?(笑)

イライラすること多いんで毎回気を付けないといけないなぁ('-';)

>えみちゃん
そうそう、みんな一緒(笑)
とはいっても、多機能になったせいで待受画面に一瞬で戻りにくくなったのが主な原因だとは思うんだけど。

連打してるときはそこまで怒ってるわけじゃねっす(笑)

Posted by: たい | October 13, 2005 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/6334907

Listed below are links to weblogs that reference せっかちバロメーター:

« 打つわきゃない | Main | これじゃあ彼は来ないよ »