« 東京23区くじ引きツアー【4】 | Main | 東京23区くじ引きツアー【6】 »

東京23区くじ引きツアー【5】

前回までのあらすじ(青春ドラマ風)
 まばゆい光、きらめく水面。
 さわやかな東京湾の風を受け、ボクらの大田区へと向かう旅は、今始まった。


実は、この『大阪兄弟歓迎企画』を高倉仮面氏と立てていたとき、最初の方ではこんな話が出ていた。

高倉「アレだ、『屋形船で東京湾観光』ってのはどうかねぇ?」
たい「屋形船ですか? またずいぶん贅沢なモン思いつきますね」
高倉「なんかよさそうだと思ってねぇ。たいさん確か乗ったことあるんじゃなかったっけ?」
たい「あー、ありますよー。会社の同期連中と1回だけ乗りましたねぇ」
高倉「どうだった?」
たい「まぁそれなりによかったですよ。気持ちいいし」
高倉「ほうほう」
たい「揚げたての鱚の天ぷらとか食いながら、東京湾をぐるっと回るわけですよ」
高倉「よさげじゃない」
たい「でもねぇ、屋形船ってめっっちゃくちゃ高いんですよね…」
高倉「いくらぐらいなの?」
たい「1人確か10,500円だったかな…??」
高倉「イチマンエン!?? ずいぶん高ぇなーオイ! そりゃやめとこう…」

と、この企画は低予算番組(番組?)であるために『屋形船で東京湾観光』は敢えなくボツとなったが、形は違えどなにはともあれ船で東京湾をクルージングしているのである。
そして、実際、そいつはとんでもなく気持ちがよかった。

我々の乗った水上バスは、葛西臨海公園を離れ、埋め立て地に挟まれた水路を縫うようにして進んでいった。
そこを抜けると、目の前に一気に東京湾の景色が広がる。

23kuji21

しばらくして、東京湾の臨海風力発電所の巨大な風車が近づいてくる。
これがまたとんでもなくでかい。プロペラの最上部までを含めると高さ約100mだそうだ。それがものすごいスピードでぶんぶん回っているのである。

東京湾というのは、もちろん、沖縄や海外のリゾート地のような自然にあふれた海というわけではなく、ところどころにゴミが浮かんでいたりして汚いのは仕方ない。しかし、東京湾は東京湾なりに、ちゃんと見所は存在しているはずである。そしてそれはおそらく、「人が創ったモノ」のスケールの大きさであろうと思う。
目の前に広がる空や海の開放感と巨大な人工建造物のミスマッチは、自然の中にいるのとはまた異なった"雄大さ"を感じさせてくれるのだ。
我々だけでなく、水上バスに乗っている人たちもみな楽しそうに歓声を上げたり、のんびりと眼前の景色を眺めたりしている。


…と、景色に見とれて何か忘れちゃいないだろうか。




23kuji19

そう、我々の本当の目的は『東京湾観光』ではない。
今は『大田区』に行くことが至上命題なのである。

たい「大田区、どこ行きますかね?」
高倉「そーだねぇ、どこにしようかねぇ…」
吉田「お、ビッグサイト見えてきたよ!」
長男「いやー、おっきいですねぇ」

23kuji22

たい「で、大田区、どこ行きますかね?」
高倉「…そーだねぇー、どこにしようかねぇー… あ、あれアルゼのビルか、でかいねぇ!」

23kuji23

たい「…だから、大田区、どこ行きますかね…?」
高倉「…あー…そーだねぇー、ホントどこにしようかねぇ…」


なんと、水上バスの上で完全に骨抜きになってしまった一行は、もはや大田区の観光名所などどうでもよくなっていたのだ。脳が大田区のことを考えるのを拒絶してしまっているのか、ほぼ無言で景色を眺める全員。我々の東京湾観光は、気がつけば現実逃避や言い訳のためのものになっていた。

大田区が近づいているのに、目的地が一向に決まらない。
のんびりしているが、実はピンチなのであった。

事前リサーチの結果には、『池上本門寺五重塔』『田園調布』『羽田空港』とある。
『羽田空港』の名前を出した瞬間、撃ち抜かれたようにがっくりする一行。

たい「だって、住所が『東京都大田区羽田空港』ですよ?」
吉田「アホかっ! あんなところ、何しに行くんだっ!? わざわざ行って、羽田ラーメン食って、ハイおしまい、か!??」
長男「うわー! 羽田空港行くんだったら、ボクらそのまま大阪帰りますよ!」
たい「じゃあ、田園調布でも行きます?」
高倉「田園調布も言うてもめちゃくちゃ遠いんだよね… そうだ、大森駅の近くに文豪の碑があったなぁ。あそこなら駅から近いし」
たい「あー、それなら大森海岸とかどうすか? 貝塚とかあるし」

大田区は、広い。さすが東京23区でいちばん面積が大きいだけある。
それだけに、次の行き先は今後の展開を左右することになる…はずなのだが、なかなか決まらない。ネームバリューの大きい場所(羽田空港と田園調布)は、とんでもなく離れた場所にあるからだ。

話し合った結果、1人に1つ行き先を割り当て、じゃんけんをしていちばん勝った人が挙げたところに行くこととなった。

 高倉:『馬込文士村
 吉田:『蒲田のアーケード街』
 長男:『田園都市』
 次男:『大森海岸』
 たい:『羽田空港』

戦いは、熾烈を極めた。
次男くん対吉田ナゴヤ氏の一騎打ちとなり、最後に勝ったのは吉田氏。
『蒲田のアーケード街』行き、決定である。

高倉「良かったぁ。オレ、羽田空港だったら死んでた」
吉田「羽田になってたら、きっと思わずたいさん殴って無効にしてたよ」


行き先がようやく決まってしばらくしたところで、水上バスはレインボーブリッジの下をくぐり、フジテレビが見えてきた。
目的地であるお台場海浜公園がだんだん大きくなる。楽しかったクルージングも、もうそろそろ終わりを告げようとしていた。

23kuji24

23kuji25

一行の間に、得も言われぬ悲壮感のようなものが漂う。
その理由は、東京湾クルージングが終わってしまったからではない。


お台場は『港区』なのである。


水上バスを降り、移動のためにりんかい線の『東京テレポート』駅に向かう。
目の前にはフジテレビ。そして、その横を何事もなかったかのように突っ切る一行。

高倉「東京テレポート駅はどっちだ? あっちか! よし、行くぞ!」
次男「いや、折角ここまで来たんだから、買い物とか…」
高倉「それには、やはり『港区』のくじを引いていただいて…」
吉田「いやいやいや、何でそんなにくじの言いなりなんだよ! どんなにくじが『神』だって言うんだっ!?」

今回の参加者の中で最年長の吉田ナゴヤ氏は、ツアーの初めの方では大阪兄弟に対する『加害者』的発言が多かったのだが、疲れのせいか、気がつけば大阪兄弟と同じ『被害者』的発言の占める割合が圧倒的に高くなっていた。
このとき、時刻は夕方5時。
全員、もう若くはないのである。さすがにそろそろ疲れが溜まってくる時間なので、仕方ないといえば仕方のないことか。


さて、脇目もふらずに辿り着いた『東京テレポート』駅からりんかい線で『大井町』駅へ。そこからJR京浜東北線に乗り換え、2駅で『蒲田』駅に到着である。
改札を出て右に階段を下りると、なんと早くも目的地が見えた。

23kuji26

目的地といっても、何の変哲もない商店街である。
それもそのはず、吉田氏が『羽田空港』行きを阻止するため"だけ"に、『チンドン屋の仕事で来て練り歩いたことがある』という理由で、何もないのがわかっていながら選んだ場所なのだ。仕方ないといえば仕方ない。
何があるかといえば、裏手に入ればちょっとレトロな雰囲気が残っているのと、その周辺にはやたらとユザワヤが何軒も立ち並んでいるぐらいであった。

とにかく、ありきたりなアーケード商店街を無理矢理観光地に仕立て上げ、その入口で集合写真をパチリ。
そして、一応『儀式』である。


全員「これでー、大田区はー、制ー覇ー!!


それと同時に、早々とくじを引くことになった。
みんなそろそろ『当たり』くじを引いてほしいと思っている。そして、一刻も早く大田区を脱出し、まだ見ぬその『パラダイス』へと向かいたがっていた。

が、しかし。
次にくじを引くのは、早くもくじ運の"悪い"ということになってしまった長男くんである。

そろそろ、もうちょっとマシな区を引いてもらいたいところであったが…




23kuji27


『杉並区』─────。


なんと、東京都の最南端の区に着いたばかりなのに、今度は早くもほぼ最西端の区へ行かなければならないのである。

高倉「まーた大移動かっ!」
たい「六本木ヒルズとかお台場でふつうに夜景見たい!」
吉田「オレん家杉並区だから、行ったらもう帰るぞ!」

これはいったい何の仕打ちなのか。
少しどんよりと曇ってきた空に向かって問いかけてみても、何の返事もなかった。


つづく。

|

« 東京23区くじ引きツアー【4】 | Main | 東京23区くじ引きツアー【6】 »

Comments

あたしお台場で2年くらい働いてましたけど、水上バスなんて乗ったこと無いですよー!
ちょっと羨ましいなぁ。・・・ケド、このような過酷極まりない旅は遠慮しておきます(笑)
あたしの体力ではとてもとても維持できんとです!

ってゆうか・・・⑤回目の時点で総移動距離すごいですよねー(゚Д゚;)
連載の続編頑張ってくらさい♪♪

Posted by: えみ@Chiba | May 15, 2005 at 08:39 AM

北の大地より、毎回続きを楽しみに拝見しております。

それにしても面白い。

Posted by: ユーコンくそくらえ | May 15, 2005 at 11:47 AM

大田区。
大森の「大」+蒲田の「田」=「大田」
なんとも安直なネーミングで誕生した区…

9ヶ月ほど住んでいて2ヶ月ほど仕事でも色々廻りましたが…
あるものといえば、
・大森ベルポート(大森)
・平和島(大森)
・貝塚(大森)
・いい感じに寂れた商店街(大森)
・美味いラーメン屋(大森)
・美味い洋食屋(TVチャンピオンのコロッケの回で決勝ラウンドまで行った人のお店)(大森)
・日本酒と焼酎のレアものを「これでもか!」というほど揃えているお店(大森)
・そこそこ人の多い商店街(蒲田)
・夜には歩きたくない風俗街(蒲田)
…こんなところでしょうか。

しっかし、サンライズ蒲田で「観光」とは…
ホントにお疲れさんでござんしたーw

Posted by: お茶な後輩@元大田区民 | May 15, 2005 at 04:21 PM

>えみちゃん
お台場で働く人は水上バス乗る機会ないだろうなぁ('-';)
総移動距離…それはまた後の方で発表しましょう。

>ユーコンくそくらえさん
どうも、はじめましてですかね?
読んで下さってありがとうございます。
名前は『水曜どうでしょう』ネタですね。
http://www.htb.co.jp/suidou/staff/staff_108.html

まだ半分手前ってところでしょうか。
拙い文章ですが、もう少しお付き合いください。

>お茶くん
行動範囲、大森と蒲田しかないじゃねーか(笑)
ホントは東急池上線とか大井町線沿いにいろいろありそうなのはわかってましたけどね…

サンライズ蒲田で『観光』ってのは…
ホント大田区の人ゴメンナサイって感じですわ。('-';)

Posted by: たい | May 15, 2005 at 08:37 PM

初カキコです…!ども!おひさでっす!いぇいいぇい★
なんかすごくおもろいことやってるねー!いいな~。
あたしもそんな有意義な1日を過ごしてみたい。てゆか今度まぜてください…!!

Posted by: べあ | May 15, 2005 at 11:08 PM

船が気持ち良さそう~
なもんだから大田区の商店街って…^^;

またしても自分の中に
大田区:商店街 以上
という情報がインプットされました

Posted by: いとしゅん | May 16, 2005 at 12:22 AM

ぬぁー。第6話書きかけでまた寝ちまいました。

>べあちゃん
いらっさい('-'*)
混ぜてほしい…って本気で言ってる?(笑)
予想外に「やってみたい」「参加したい」って人が多くてびっくりしてます。
読む方は楽なのよ、読む方はね…(笑)

余力があればなんかやりましょうかね('-';)

>いとしゅん氏
こらー!
大田区はもっといろいろあるはずなんだから!
くれぐれも間違った情報はインプットしないように!

行ってみたい大阪風お好み焼き屋さんが大田区にあるの今思い出した(汗)

Posted by: たい | May 16, 2005 at 08:23 AM

あ・・
私、ゆりかもめに乗って、お台場海浜公園に行って
遊んでました。
自由の女神や、いぬの水上バスをぱちぱち写真に撮って。
その後、レインボーブリッジを歩いて渡ったのですが、
ひょっとして、この写真に写っているご一行様って・・まさか。

Posted by: すず | May 17, 2005 at 11:53 PM

>すずさん
えぇぇ、5/3の夕方5時前ですよ?
ニアミスだったのかなぁ。。。
ちなみに、水上バスは犬のじゃなくてふつうのでしたけどね('-';)

>高倉仮面氏
補足、非常に感謝です。
しっかし、補足を読んでもひどい観光だなぁこりゃ…

Posted by: たい | May 18, 2005 at 02:30 AM

はじめまして。高倉仮面氏の紹介で訪れて以来、この記事の進行を楽しみにしています。
先ほどトラックバックもさせていただきました。
わたしも道民ですが東京在住していたこともあります。移動の経費と労力が想像するだに恐ろしい。
しかし、見事に観光でも生活でも行ったことが無いところばかりですね。
もしかしたら観光スポットの穴場紹介にもなるんではないでしょうか?
次回も楽しみにしています。果たしてどこで夕食し、その後はどこまで行くのか?

Posted by: うらべっち | May 19, 2005 at 12:46 AM

>うらべっちさん
どうも、はじめまして('-'*)
TB&紹介ありがとうございました。
返事遅くなっちゃってゴメンナサイ。

初日後半の3つの区については、いくらなんでもひどすぎるなぁと思ってるんですよ。
別の機会にこっそりちゃんとリベンジしたいところです。
穴場紹介…になればいいんですが。
観光案内的な要素も含めつつ書ければなぁと思っていますので、
まだまだお付き合いしてやってくださいませ。

Posted by: たい | May 22, 2005 at 11:26 AM

企画者から見た『東京23区くじ引きツアー』【5. 大田区】

「よりによって、一番弱い奴が出て行った!(by アントニオ猪木)」。

「蒲田」と聞いて20代後半以降の人の誰もが真っ先に思い出すのは、階段落ちのシーンが有名な名作「蒲田行進曲」であろう。しかし今の蒲田にはその舞台である「蒲田撮影所」に因んだものが何も残っておらず。その跡地にも『アロマスクエア』という高層ビルが建つのみである。文中にあるように我々は、もともと観光に全く向いてないこの地のアーケード街を歩いていくのだが…、「住むには悪くない街」という感想以上のものはなく、結果的には一日目の中では最も悔いの残る観光となった。

たい氏はこの「大田区観光」を振り返り、【6】の文中にて「あのじゃんけんでいちばん阻止するべきは、実は『羽田空港』ではなくて『蒲田のアーケード街』だったのではないか」と記述している。ま、『羽田空港』のくだりについは「寝言は寝て言え」の一言で、誰が好き好んで観光に『羽田空港』を選ぶと思うのだろう?というところなのだが…。

ここで重要なのは「何故、我々は観光の候補地として『蒲田のアーケード街』を受け入れていたか?」なのだ。東京組の三人は『蒲田のアーケード街』には「何もない」という事を知っていたわけだから、本来であれば話し合いの中でこの候補地は却下されるのが必然だと言える。だが実際には、他の候補地に負けないくらいの魅力的な観光地として受け入れられたのだ。

何故か?何故なのか?

【5】【6】のたい氏の文を読むと「1時間以上大移動を繰り返していた我々の思考回路が鈍っていた」「東京湾から眺める光景の美しさに目を奪われ、『大田区観光』が『どうでもいい』ものになってきた」という事実は読み取れる。しかし、実は文章に書かれていない事実として、この時の我々五人の中に、他の観光地に対して「それってどうよ?」という疑念があった事を記さなくてはなるまい。

『馬込文士村』……範囲が広すぎて回り切れない。

『田園調布』………お台場からの移動が遠い(東京テレポートから電車で40分)。

『大森海岸』………『荒川(北区)』『東京湾(江戸川区)』と続いて、またしても『水辺』。
         「どれだけ水辺の好きな連中なんだよっ!」(吉田氏 談)

『羽田空港』………ありえない。

このような条件の中で「蒲田のアーケード街」は「何もないが…、お台場からはそこそこ近いし、すぐにまわれる」という魅力的な場所として映っていた。そして実際に決定した時には「近くていいねぇ」などという意見までもが出ていたのだ。

「東京23区を余す事なく観光する事」という高い志(こころざし)があるというのにも関わらず、「観光するものが何もない場所」を嬉々として受け入れる五人、これ以上に情けない話はない。

結論:これを読んだ皆さんは、この時の我々を反面教師とし「『観光』はまず体力から」という事実を肝に命じて欲しい。

尚、「何か間違っている」とかいう意見やご指摘については、全てたい氏の方で受け付けているので、そちらに。

Posted by: 高倉仮面 | May 22, 2005 at 01:36 PM

『羽田空港は観光地としてどうなのか?』という話ですが、
これがなかなか立派なデートスポットなのであります。
展望デッキから見える360度のパノラマや、滑走路の夜景もなかなか乙なモノだそうです。
http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?ODEKAKE_ID=&SPOT_ID=s_13002783

…まぁ、男5人で行ってもどうかというところなわけですが。

Posted by: たい | May 22, 2005 at 06:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/4130951

Listed below are links to weblogs that reference 東京23区くじ引きツアー【5】:

» 風車が登場するテレビCM [ありがとう!風力発電]
★2005 ECOタイヤ DNA S,drive    『ウインドファーム』 篇   − ヨコハマタイヤ    デンマークの『ホーンズリバー洋上ウ�... [Read More]

Tracked on May 20, 2005 at 02:46 AM

« 東京23区くじ引きツアー【4】 | Main | 東京23区くじ引きツアー【6】 »