« 休日の過ごし方 | Main | タダシイニホンゴ »

ザ・定番

僕は思いません

突然だが、

「バーのカウンターで指をパチンと鳴らして『マティーニ』と告げ、カウンターの端から滑ってくるショートグラスのマティーニをさりげなくキャッチして髪をかき上げてみたい!」

という欲求にかられた。

せっかく生きているからには、コレだけはやっておきたい!ということがいくつかある。
やりたいことと言っても、ただふつうにやりたいことを挙げるのではおもしろくないわけだ。
せっかくなので、

 ① ふつうの人は滅多にやらないけど
 ② でも世の中のたいていの人が「あぁ~」と納得するようなことで
 ③ かといって恥ずかしすぎたりプライドを捨てすぎるようなのはダメで
 ④ ばっちりハマるのとダサいのとの境界線ぎりぎりで
 ⑤ やった後は達成感に浸れる

というぐらいがちょうどいいんじゃなかろうかと。
で、自分にとってそれってなんだろう?と日曜の晩に一人で飲みながら考えていた結果が、コレだったわけだ。

しかし、ちょっと考え直すと、実現の可能性がけっこう低いことに気がつく。

まず、マティーニ。
実はマティーニがおいしいと思ったことが今までに一度もないのだ。これは由々しき問題である。
もっとまずいことに、マティーニによく入っているピクルスに納得がいかない
焼酎に入れた梅干しをつっついて崩して飲むのはギリギリOKなのだが、あのピクルスはいったい何なのか。まだ焼酎にカリカリ小梅の青いヤツを入れた方がマシなんじゃないかと思うぐらいだ。
というわけで、「これを飲めたらかっこいいかも」というカクテルの代名詞であるマティーニ対し、苦手意識の占める割合が強いという精神的な障壁があった。

次に、あんなショートグラスをカウンターの上に滑らせたら間違いなくこぼれてしまうという物理的な障壁に気づいた。
かといって、あの逆三角形のグラスでなければ、あまり格好がつかないような気もする。

とどめは、今現在そのシチュエーションが似合う体型でないということだった。


 結論:無理!


残念だ。
非常に残念である。
でも、諦めたわけではないので、実現の可能性は引き続き検討することにしよう。

ちなみに、『やってみたいこと』の次点というのが「夕暮れの波止場で、ボラード(ロープを引っかけるアレ)に片足をかけながらサックスを吹いてみたい」だったが、サックスが吹けないのであえなくボツとなった。

実はもうひとつ、「宗谷岬の突端でオカリナを吹く」というのがあったが、こちらは友人に先を越されてしまったのが悔やまれてしょうがない。


他の人がどんなことを「やってみたい」と思うのか、興味があるところである。

|

« 休日の過ごし方 | Main | タダシイニホンゴ »

Comments

まずはロックスタイルのマティーニからいかがですか?
「ドライマティーニ、ロックスタイルで。」
これも中々オツなオーダーでござんすよ。
(この場合、オリーブがついてくる可能性は低いです。)

私の中の「ザ・定番」は
どしゃぶりの雨の中、ヒールが折れたパンプスを片手に
泣きながら(涙は決して拭かず)裸足でトボトボ
歩く、あれです。

Posted by: fanshen | April 04, 2005 at 08:08 PM

バーのカウンター関連で。

女   : えっ?これは?
マスター: あちらの方からです。

20年前からあるこのネタ。

 

Posted by: くぼっち | April 04, 2005 at 11:11 PM

>fanshenさん
ちくしょー、それすごくおいしいけど男じゃできない…!
めっさ腹抱えて笑いました。
そういう「ザ・定番」がさくっと出てくるあたりが流石だなぁーと。

マティーニロックはナイスアイデア。今度どっかで頼んでみます。

>くぼっち
バーといったらどちらかというとそっちが先に出てくるんだけど、
知らない相手が必要だから大変かなぁーと。
自分がすごくかっこよかったら別ですが(笑)

Posted by: たい | April 05, 2005 at 01:35 AM

参戦。

私のザ・定番は、
素敵な男子とすれ違いざまにぶつかり、
はずみで持っていた本を落とし、
拾おうとした瞬間お互いに手が触れて
『あっ…』
です(爆)

お後がよろしいようで。

Posted by: しごとにん☆ | April 05, 2005 at 01:48 AM

中に入ってるのは、ピクルスじゃなくてオリーブですよねん?

くぼっちさんの書いてるやつ、テレビ番組でやってました。
「○○をやってみたい」とかいう視聴者の希望を叶える(っていうかやらせて笑う)ので、女性にこれをやって「キモーイ!」って思いっきり言われてました。
そりゃそうだ!

で、その後が笑えました。

喫茶店でサンドイッチセットか何かを、新聞を読んでいたおじさんに「あちらの方から」ってやったら、おじさん、「ありがとな」って言ってたし。

更には、ラーメン屋のカウンターで、ラーメンを食べているおじさんに、もう一杯「あちらの方から」ってやったら、そのおじさん、2杯目のラーメンも食べてたんです!!!

その"やってみたい"のお兄ちゃんと、おじさん達との恋の行方は知りません…。

たいくんも、ラーメン屋さんで、やってみたら?
ラーメン1杯は重すぎるから、トッピングとかライスとか(んー、ケチくさいな…)。

Posted by: しょこ | April 05, 2005 at 12:27 PM

>しごとねーちゃん☆
それも理想やねぇー。
その系統でいうなら、トースト加えて「遅刻だ遅刻だ!!」って走ってたら
曲がり角で女の子とぶつかって、
大急ぎでクラスに行くと
 先生「今日の転校生を紹介するー」
 2人「あぁーっ!?」
ってのがやりたかった。もう無理。

>しょこさん
記憶が正しければ、アレはオリーブのピクルスじゃないかな。
昔食べたとき、なんか酸っぱくて「食えるか!!」ってのけたのを覚えてます。

なんか、そのテレビ番組ちらっと見たことあるかもしんない。
でもラーメン屋は、本文中に挙げたような『条件』に当てはまらないので自分の中ではダメ(笑)

Posted by: たい | April 06, 2005 at 04:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/3554971

Listed below are links to weblogs that reference ザ・定番:

« 休日の過ごし方 | Main | タダシイニホンゴ »