« 改めて思った | Main | ナイスキャッチ »

別の意味で満点

確か、小学校6年生のときだったと思う。
社会科のテストで、こんな感じの問題が出題された。

その問題の絵はのっぺりと描いてあったが、
一応ふつうに見れば『前方後円墳』のカタチだとわかる問題だった。

テストが返却されるとき、普段はふつうに返す担任の先生が、その日に限って
「今日は、おもしろい答えがあったからみんなの前で発表する。」
と言い出した。
そして、おもむろに黒板に「その」カタチを描いて、その解答の主を発表した。

 先生「安田!」 ※仮名です

 安田「はい!」

 先生「お前、『鍵穴』ってのはなんだ!


クラス全員、大爆笑。

腹がよじれて苦しくなるぐらい笑った。
おいしい。おいしすぎるぞ、安田くん。

でもまさか、こんなところで15年以上経ってネタにされていようとは、本人、夢にも思うまいて。
※スマン

|

« 改めて思った | Main | ナイスキャッチ »

Comments

女子トイレのマークに1票

Posted by: ひぐらし | December 09, 2004 at 11:57 PM

今見たら、また違うものに見えた。

…ドラえもんの手じゃん!

Posted by: たい | December 11, 2004 at 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/2204267

Listed below are links to weblogs that reference 別の意味で満点:

» テスト喜怒哀楽 [トラックバック野郎]
 1年で1番忙しいといわれる「師走」。学生のみなさんは学期末の試験、受験生はいよ [Read More]

Tracked on December 21, 2004 at 11:18 AM

« 改めて思った | Main | ナイスキャッチ »