« 深呼吸のススメ | Main | 冬、別れの季節 »

とっさに出てこない

昨日出席した英会話のクラス。
いつもの先生が出張だったので、1回限りで代講の先生が来た。
1回限りの授業ということもあって、いつもやっているテキストから離れた授業になった。

 先生 "Answer my questions immediately, OK?"

誰かを当てて何か質問をするから、とにかくすぐ答えろ、ということらしい。望むところだ。
すると、運悪く真っ先に指された。

 先生 "Tai?"
 たい "Yah?"
 先生 "What is... TOKONOMA?"
 たい "..........WHAT!?"

てっきり今日の朝ごはんか何かを訊かれる程度で済むと思っていた僕は、思わずすっとんきょうな声を上げた。
『床の間』を英語で説明する。そんな経験は生まれてこの方初めてだった。
そもそも『床の間』と『英語』が結びつかないじゃないか!

 先生 "TOKONOMA. Immediately!"

急かされたので、大あわてでこう答えた。"Japanese living room."
まぁ、間違ってはいない。すぐ答えたし、これで逃げ切った!と思った瞬間、

 先生 "More information."

このヒト、容赦ねぇー!

結局「床の間って何が置いてあったっけ…」とか考えて、やれコタツがあるだの畳があるだの、しどろもどろの説明をしてお茶を濁したのだった。

しばらくして、クラスの全員が指されたので、質問タイムは2周目に入った。

 先生 "Tai?"
 たい "Yah?"

また真っ先に当たった。
今度はどんな球が来るんだ?と多少ドキドキしながら、超一流投手のセットアップモーションを確認し、バットをぎゅっと握りしめて待つバッターのような心境だった。ファールでも、とにかく打ってやるんだ!と意気込んだ矢先。

 先生 "What is... YOBAI?"

『夜這い』を英語で説明しろという、自分にとってはあまりにも理不尽な変化球に対し、僕のバットは見事に宙を切った。

 たい "Oh, this question is too difficult for me..."

あとで辞書を引いたら、
 "visiting a girl at her house under cover of night"
 "stealing into a girl's bedroom at night to make love"
と出ていた。
言われてみれば、確かにそうだ。その通り。でも、それがとっさに出るかと言われると、そこまでのスキルがないことをまざまざと思い知らされたのであった。完敗。

英会話上達への道は、果てしなく険しく、長い。

|

« 深呼吸のススメ | Main | 冬、別れの季節 »

Comments

先生、床の間には、畳もコタツもないですな。

この手の質問は、外人とお茶とか食事してると、
割と答えられるようになります。
最近は苗字の由来をネタにお茶したり、
中華料理屋でメニューの説明とかしています。
・・・ただし、フランス人とインド人に(ばく

Posted by: yake | November 20, 2004 at 05:16 PM

畳はあるらしいよー。
コタツじゃなくて、掛け軸とかでしたな…
うちの母方の実家に床の間があったのを思い出しました。
そういや、正月に鏡餅飾ってたっけ。

やっぱりネイティブに接するのがいちばんいい機会みたいっすね。
私事だけど、来月、少しだけそんなチャンスができたかも。

Posted by: たい | November 21, 2004 at 01:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/2002626

Listed below are links to weblogs that reference とっさに出てこない:

« 深呼吸のススメ | Main | 冬、別れの季節 »