« like the bottom of the sea | Main | あまりにもひどい »

ナチュラル

最近、左手をよくぶんぶん振っている。


…これだと、ただの怪しい人だと思われるといけないので、ちゃんと説明しておこう。

ドラムを少々やっていたりするのだが、けっこうブランクがあったり、普段なまけものなせいでロクに練習しなかったりでなかなか上達しない。一般にいう「ドラム歴」というのが、初めてドラムセットに座った日から容赦なくカウントされ続けているものを指しているとするなら、その半分以下が「実ドラム歴」なんである。恥ずかしいので、他人に「どれぐらいやってるの?」と訊かれたときは、だいたいこの「実ドラム歴」の方を口にすることが多い。

で、さすがに「ぼちぼちちゃんと基礎はやらにゃいくまい!」と思って、最近教わっていたりするのである。
教える人はやはり教えるプロだけあって、素人では気づかないような点を、しっかりと言葉にして口に出してくれる。これがまた的確でわかりやすい。

こないだは、「左手振るとき、回っちゃうでしょ」と言われた。
言われたときは、一瞬意味がわからず、?マークがいっぱい頭の上に浮かんでいる状態だったが、改めて実際振ってみて納得。左の手首から先をまっすぐ振り下ろすのが、おそろしく難しい。なぜか横方向に余分な力がかかったまま振り下ろされた結果、「回っちゃう」のだ。ホントだ。すげぇ~。おっしゃる通り!

と感心している場合ではなく、ひとまずいいトレーニング方法があるか訊いてみた。

先生「こればっかりは慣れですね~」

はぅあ!
人生に王道なし、ローマは一日にして成らず。やはり予想通りの答えが返ってきてしまった…だけかと思ったら、ありがたいことに、続きがあった。

先生「おっきい鏡買ってきて、まっすぐ縦に振る練習しましたけどね~。あとは、左手でテニスボールとか投げてみて、『あ、この感覚だ!』って思ったりとか。」

なーるほどね。確かに、力がちゃんと伝わるように腕をしならせてまっすぐ振り下ろすというところでは、投球モーションと共通点がある。それを右手では意識せずに難なくこなせていたが、普段使っていない左手ではとたんに難しくなったというわけだ。
右手の動きをよく見つつ左手を何回も振っているうちに、1ヶ所だけ違和感を感じないラインが見つかった。I 've got it!ってな感じである。あとはひたすら反復あるのみだ。

というわけで、この練習法を聞いて以来、最初にも述べたが、人気の少ないところでやたらと左手をぶんぶんやるようになったということなのだ。いちおう人目をはばかっているので、そこ、見かけたらあまり逃げないように。


先生ありがとう、
おかげさまで左手でちり紙をゴミ箱にストライクするのが少しうまくなりました。

|

« like the bottom of the sea | Main | あまりにもひどい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/1858714

Listed below are links to weblogs that reference ナチュラル:

« like the bottom of the sea | Main | あまりにもひどい »