« 何かが違う | Main | 逆だとなんだか違和感がある »

そこは日常と狂気が入り交じる世界。

美容室に行ったときに、美容師のにーちゃんと「夢」の話で盛り上がった。話し出すとあるわあるわ、変な夢の数々。
今日は、そんな中でも未だに印象に残っている夢をいくつかご紹介。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『危機一髪』

忍者に追われていた
確か、2人か3人ぐらいの黒装束で、天井や壁なんかに三角飛びをしつつ、張り付きながら追っかけてくるのだ。いとこと一緒に親戚の家の中で逃げまどっていたが、ようやくドアの鍵を閉め、逃げおおせたかのように思えた。しかし、そのドアもなんなく開けられてしまう。
1人の忍者の投げた手裏剣が、いとこをかすめた。(しかも、なぜかその手裏剣がオレンジで、めちゃくちゃ熱いのだ) たまらず転倒し、持っていた武器を落とすいとこ。はっといとこの方を振り返り、「危ない!!」と思った僕は、こう叫んだ。

武器拾えーっ!!

そして、そう叫んだ自分の声で目を覚ましたのだった。
眠かったので、現実には「ぶぅきふぃろぇ~~」と、よだれを垂らしながらごもごも言っていたようだ。

起きてから、しばらく鬱だった。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『実写版らんま1/2』

なぜか、自分が水をかぶって女の子になってしまった設定。びしょ濡れで、白いブラウスが半分スケスケのところを、中学・高校の同級生のとあるヤツに「好きだー!!」と言われて追いかけ回されるのだ。
僕は「男は、イヤだぁぁーーー!!」と叫びながら (なんか叫ぶ夢多いね)、どこかの学校の校舎とグラウンドを抜け、知らぬ間に履いたローラースケートで、自分の家の近所をガーガーと逃げまくった。

「ふふふ、見つけた~」と言われたときに、目が覚めた。
汗びっしょりで息が上がっていた。そりゃ必死にもなるわ。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『千本ノック』

アントニオ猪木が、千本ノックをしてる夢。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『巨大戦艦』

まだ小学校低学年だった頃。
玄関で父親の出勤を見送り、母親が庭に出ると、『ビーッ!!ビーッ!!ビーッ!!』と近所一帯の家の窓ガラスを震わさんばかりの大きな警報音が鳴った。得体は知れないが、空が見えなくなるほど大きいUFOだか巨大戦艦のようなものがゴゴゴゴと音を立てながら降りてくるのだ。その巨大戦艦が発するフラッシュは、辺り一面を消し去ってしまうぐらいの恐ろしい殺傷能力を持った兵器だった。唯一、建物の中にいると、その攻撃から安全に逃れられるようだった。
警報が鳴った瞬間、父親も母親も外に出ていたので、直感的に危ないと思った自分は、庭に出て親を連れ戻そうとする。そこで空を見上げると、もうすぐそこまで巨大戦艦が降りてきていた。
「終わりだ…」と思い、全身が恐怖ですくみ上がった。

と、ここで目が覚める。
不思議なもので、本当に小学校低学年だった頃に何度も何度もよく見ては、夜中にがばっと飛び起きた、当時の自分にとって何よりも怖かった夢。
その巨大戦艦の名前が「なんちゃらサファイア」(前半部分は失念) だったあたり、やっぱり子供の見る夢だよなぁ、と思う。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『aikoと握手』

aikoちゃんとデートする夢を見た。手ぇつないで、いろんなところをマスコミやファンから走って逃げて。その先はファンの人に申し訳ないので言えませぬ。むふふ。
あのときばかりは、夢とわかっていたものの、起きたくなかったなぁ。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『なっちゃんと握手』

別の時には、田中麗奈と手をつなぎながら、房総半島を東京から館山方面に向かって縦断する夢を見た。千葉の南に何があったんだろう。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

『燃えてるんだろうか』

道頓堀の川沿い一面には、ものすごい人だかり。
そこで郷ひろみと一緒に全員が一緒に振り付け付きで踊っている。
曲は「アーチーチー アーチー
ただそれだけの夢。

- - - - - - - - - - 8< キ リ ト リ セ ン - - - - - - - - - -

さっき、昼寝していたときにも、軽く夢を見た。
物理的にはあり得ないのだが、下りが滑り台で、上りがふたまたに分かれたエスカレーターになっているところを、降りたり上ったり。滑り台の入口のところには誰かがいて、何かを語っていた気がする。
もう大部分は忘れてしまったが。

誰か、夢診断してください。

|

« 何かが違う | Main | 逆だとなんだか違和感がある »

Comments

早速お邪魔させて頂きました。
TBありがとうございます!

それにしても、夢、沢山覚えていますね・・・。
「アントニオ猪木の千本ノック」はファンにはたまりませんね。

夢判断のサイトです。もし宜しければ・・・
http://members.aol.com/lilylove28345/dream.htm

Posted by: fanshen | October 18, 2004 at 12:30 AM

ご訪問ありがとうございます!

インパクトが強いのが多かったんですよ。
どうにも忘れられなくって。
取れないヤツが平手打ちされるんでしょうかね。<猪木

早速、夢判断のサイト見てみました。
キーワードで調べたら、欲求不満のようなことばっかりでちょっと凹みました(苦笑)
そーだったのか… いや、ちょっとは自覚してるけどさ。

Posted by: たい | October 18, 2004 at 01:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54071/1636862

Listed below are links to weblogs that reference そこは日常と狂気が入り交じる世界。:

« 何かが違う | Main | 逆だとなんだか違和感がある »